人事制度導入のタイミング

人事制度導入のタイミング

人事制度を導入するタイミングはいろいろありますが、例えば社内課題への対応として「人事制度の導入もしくは見直しでしかこの難題を解決できない」と判断したときはタイミングです。
また、会社が成長して従業員数が増えたときや、経営者がかわったとき、などもタイミングです。

ポジティブな理由

経営陣がかわった
企業理念、ビジョン、経営戦略などを浸透させたい
会社が成長して社員が増えた
将来の発展を見据えて整備したい
組織変更をした

問題解決

現在の人事制度の内容や基準が現場や職務に合っていない
長い間、人事制度がそのままで内容が今の時代や今の経営状況に合っていない
会社の歴史の中でつぎはぎでつくってきた制度内容を見直したい
評価、昇格、昇給の基準が不明確で社員の間に不満や不公平感がある
制度が形骸化していて正しく運用されていない
社員の評価が正しくなされていない、結果のフィードバックがされていない
成果や努力に対して適正な評価がなされていない

現場の異変

優秀な社員、頑張っている社員、前向きな社員が辞めていく
自分の処遇への不満を理由に辞める社員がいる
将来への不安を理由に辞める社員がいる
現場にやる気や向上心、活気が感じられない
社内全体のモチベーションが下がっている
経営サイドと現場の意思の疎通ができていない