人事制度づくりで構築する制度

人事制度づくりで構築する制度

人事制度を広義に言うと労務管理や目標管理制度や教育制度や退職金制度などを含めた人事に関する仕組み全般を指しますが、一般的に言われている「人事制度」とは、等級制度・評価制度(人事評価制度)・賃金制度(報酬制度)の三つの制度から構成されたものを言い、「人事制度を構築する」とは、この三つの制度を構築するということになります。

等級制度

等級制度とは、社員をいくつかの階層に分けて、各階層に対して会社が求める能力・職務・役割や業務遂行上の権限や責任などを明確にしたもので、組織がどのような人材を必要しているのかというモデルにもなります。
また、社員にとっては「会社がどのような人材を求めているのか」を明確に知ることができるので、業務を行う上での目標となり、モチベーションを高める役割も果たします。

評価制度

評価制度とは、社員の仕事ぶりを成果と能力などから評価して会社への貢献度を測り、謝金の給与や賞与、昇進や昇格などを判断することが目的です。
また、評価に基づいて社員を育成して生産性の向上を図り企業の目標達成や業績のアップを図ることや、社員に働きがいを感じさせ仕事へのモチベーションを向上させることも目的です。

賃金制度

賃金制度とは、社員の等級や役職や評価に応じた適切な賃金を支給するための制度・賃金体系のことです。
人件費を効果的に配分して総額を適切にコントロールすることはもちろん、社員に働きがいと生活する上での安心感を持てる賃金体系することも重要です。
そのことにより、社員のやる気やモチベーションを上げて、定着率を高めることができます。