人事制度構築で離職率が下がる理由

人事制度構築で離職率が下がる理由

あるデータによると、新入社員の3人に1人は3年以内に離職しているとのことです。
また別のデータでは、企業規模が小さくなるほど離職率が上がっていて、5人未満の会社だと3年後の離職率は59.1%、5~29人だと50.2%、30~99人だと38.8%という数字になっています。

人事制度構築で離職率を下げる

ある調査結果によると、会社が離職率を下げるために行った施策で効果が実感できたものとして「社員の頑張りを適切に給与に反映させる(頑張りと給与を連動させる)」ことが最も多くあげられました。
人事制度を構築することで「社員の頑張りを適切に給与に反映させる」を実現することができますので、結果として離職率を下げることができます。

また、離職率を下げるための施策として「社員にやりがいと見出させる」というものがあります。
社員がやりがいを見出せない理由の一つとして「明確な目標がないため何に向かって頑張ればいいかわからない」ということがありますが、人事制度を構築することで明確な評価項目や基準とそれに伴う目標を上司と部下で共有できるので、何に向かって頑張ればよいかが明確になり、結果として社員のモチベーションが上がって離職率を下げることができます。

社員は誰もが自分の仕事ぶりや頑張りや成果に対して適正な評価と処遇への反映をしてほしいという想いを持っていますので、適切な人事制度を構築することでその社員に想いに応えることができ、結果として離職率を下げることができます。