人事制度を構築する意義

人事制度を構築する意義

なぜ人事制度は必要なのでしょうか?
人事制度を導入する目的は何なのでしょうか?

よく言われるのは
・人材を育成する
・従業員のモチベーションの向上を図る
・公正な評価と処遇を実現する
・人材や賃金を管理する
という感じですが、それらよりもっと重要な一番の目的は
「経営目標を達成して企業の業績を向上させること」
です。

経営目標を達成するためには、
「従業員全員がこの会社で自分は何をするべきなのかを理解して会社の経営目標を達成するために仕事をする」
そんな会社組織にする必要があり、そのために「人事制度」が必要になるのです。

人事制度は、従業員の社内での位置づけを定め、公正な評価と処遇を実現することを目的としており、人事管理の効率化、人材の育成、モチベーションの向上などを図るものである。従業員の仕事や報酬に関する基準やルールが明確に示されれば、効率よく、かつ公正にそれらを決定することができる。また、評価のプロセスにおいて、上司と部下が能力発揮に関して話し合うことで人材育成が進み、能力や成果に応じた報酬が支払われ、従業員のモチベーションが向上する。このような効果が期待できるからこそ、企業は人事制度を構築するのである。