介護業向け人事制度設計
コンサルティングサービス

最短2か月で職種に合わせた評価シート・賃金制度を導入!
人事制度や法律に関する知識は不要!

介護業向け人事制度設計
コンサルティングサービス

最短2か月で職種に合わせた評価シート/賃金制度を導入!
人事制度や法律に関する知識は不要!

このような悩みはありませんか?

このような悩みはありませんか?

慢性的な人手不足

なぜなら
・求人倍率が高く、経験者であれば転職しやすいため、より良い条件の職場を探して転職する
・昇給や昇進のルールが明確にされておらず、将来的な生活やキャリアへの不安から退職する
からです。

人材の育成が難しい

なぜなら
・介護現場では個人プレーの場面も多く、初回同行などの機会を除くと、介護スキルの判定や測定が難しい
・現場業務が多忙で、業務上の指導やOJTの機会がとりづらく、個人任せとなっていることも多々ある
からです。

介護業向け人事制度設計
コンサルティングサービスが
そのお悩みを解決します!

介護業向け人事制度設計
コンサルティングサービスが
そのお悩みを解決します!

施設の経営を安定させて発展していくためには人材の育成・定着は必要不可欠です。
そうしたお悩みの解消策は、ずばり人事制度(人事評価制度)の導入です!

施設の経営を安定させて発展していくためには人材の育成・定着は必要不可欠です。そうしたお悩みの解消策は、ずばり人事制度(人事評価制度)の導入です!

人事制度を導入することで、職員の育成・定着を実現することができます!

等級制度を導入する!

等級制度を導入することで
・役職が高くなるにつれ、評価の対象を担当業務から部門運営、目標へと変える。
・昇格昇進を決定する基準を設け、どうすればステップアップをすることができるのかを明確にする
・昇格昇進の基準に研修や資格などの受講・取得要件も設けることでキャリアアップにつなげることができる

といった効果が得られます。
そうすることで「ここで頑張れば自身のキャリアアップを実現することができる」と実感することができるようになります。

評価制度を導入する!

評価制度を導入することで
・標準的な介護スキルを評価項目として設定することで、業界水準と比較し客観的なスキルアップをすることができる
・スキル以外の組織的な役割や業務を役職者の評価項目として設定することでリーダーを育成することができる
・評価の結果を本人へ伝達することで、強みや弱み、今後のキャリアアップに向けた課題を設定し、成長させることができる

といった効果が得られます。
そうすることで、各ポジションで求める人材の育成をすることができるようになります。

賃金制度を導入する!

賃金制度を導入することで
・等級を基準とした基本給表を作成することで、ステップアップと給与を結びつけて考えることができる
・役職手当や資格手当の支給基準を明確にすることで、キャリアアップと給与を結びつけて考えることができる
・完成した賃金表をもとに、将来のモデル賃金を作成することで、将来の給与イメージを描くことができる

といった効果が得られます。
そうすることで、自社でのキャリアアップをイメージすることができます。

これらの効果から、人事制度(人事評価制度)を導入することで人材の定着・確保を実現することが可能となります!

人事制度でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

人事制度でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

介護業向け人事制度設計
コンサルティングサービス

介護業向け人事制度設計
コンサルティングサービス

介護業向け人事制度設計コンサルティングサービスとは、介護施設を対象とした人事制度(等級制度・評価制度・賃金制度)の設計が可能なサービスです。
介護業界に特化した評価項目を用意しているので、訪問介護、通所介護、ケアマネージャー、サービス責任者などの職種に合わせた評価シートと賃金制度を最短2か月で導入することができます。
法令や人事制度を理解していなくても同一労働同一賃金への対応まで含んだ人事制度(人事評価制度)の仕組みを完成し、導入することができます。

介護業界向け人事制度設計サービスとは、介護施設を対象とした人事制度(等級制度・評価制度・賃金制度)の設計が可能なサービスです。
介護業界に特化した評価項目を用意しているので、訪問介護、通所介護、ケアマネージャー、サービス責任者などの職種に合わせた評価シートと賃金制度を最短2か月で導入することができます。
法令や人事制度を理解していなくても同一労働同一賃金への対応まで含んだ人事制度(人事評価制度)の仕組みを完成し、導入することができます。

介護業向け人事制度設計
コンサルティングサービス

介護業向け人事制度設計
コンサルティングサービス

4つの特長

4つの特長

等級・評価・賃金制度をトータルに設計

等級・評価・賃金制度をトータルに設計

人事制度(人事評価制度)は等級・評価・賃金の3つの制度が整って初めて機能する仕組みです。介護業向け人事制度設計コンサルティングサービスはWebパッケージのサービスでありながら、この3つの制度を同時に設計することが可能です。各制度を順番に設計することで、制度間のつながりや整合性が図れ、運用可能な仕組みとなります。

最短2か月でオリジナル制度を導入可能

最短2か月でオリジナル制度を導入可能

オリジナルの人事制度(人事評価制度)を最短2カ月、5つのステップで設計する仕組みです。
人事制度(人事評価制度)をオリジナルで設計すると最短でも6カ月程度かかりますが、介護業向け人事制度設計コンサルティングサービスは以下の特長から最短2カ月で人事制度(等級制度・評価制度・賃金制度)を設計し、導入することが可能な仕組です。

①各業界・職種に合わせた評価項目を用意!
小売業、製造業、卸売業、建設業といった標準的な業態はもちろん、医療介護業界、自動車販売整備業、システム開発業、飲食業、理美容業など80職種を超える評価項目が用意してあります。また、標準で用意されていない職種についても用意することが可能です。ぜひ一度ご相談ください。

②理想的な設計ステップを用意!
各制度(等級制度・評価制度・賃金制度)を運用するためには必要不可欠な基準やルールなどポイントがあります。それらのポイントをすべて網羅した最適なステップを用意することで、制度設計のスタートからゴールまでを最短ルートで取り組むことを可能としています。

③専属スタッフによる万全のサポート体制!
当社スタッフによるサポート体制により、制度設計の経験や、人事制度(人事評価制度)に関する知識がなくても制度設計が可能です。また、ユーザーの所在地に合わせてパートナー社労士をご紹介し、サポートを依頼することも可能となりますので、ぜひ一度ご相談ください。

全国の専門家ノウハウを凝縮

全国の専門家ノウハウを凝縮

中小企業に対する人事、労務の専門家である全国の社会保険労務士事務所(2022年2月現在 70事務所_提携先社労士事務所とリンク)とパートナー契約を結び、全国展開しています。
パートナー社労士の得意分野や業界ノウハウを人事パックへ取り込むことで、法改正や労務問題への対応、助成金情報など多岐にわたるサポートを可能としています。

各制度のポイント

各制度のポイント

等級制度のポイント

社員に求める役割や職務を示すことができる

部長と課長の違い、係長と主任の違いを等級定義として文章にすることで、会社が求める理想の社員像が明確となり、各ポジションの社員に求める役割は何か?といった基本的な考えが共有され、指導や育成の基準となります。

キャリアアップの道筋を示すことができる

昇格降格要件を明文化することで、昇格するために必要なことが明確となり、人事に対する公平性を担保することが可能となります。また、昇格要件と合わせて降格要件も設定することで、人事に対する緊張感を持たせることも可能となります。

評価制度のポイント

日頃の頑張りをしっかりと評価することができる

成果評価(数字結果で評価が可能となる売上や利益などの項目)だけでなく、成果を上げるために必要となる業務プロセスや仕事の進め方、組織人としての役割といった会社が求める仕事内容をバランスよく評価項目として設定しています。

仕事の目標を考え実行させることができる

仕事の実行力を向上させるために、仕事関係の評価項目を対象とし、期中に実践する活動計画を作成し、中間面談、半期面談で進捗確認をする仕組みを標準で設定しています。

社員一人ひとりの成長につなげることができる

できていること・できていないこと、より良くすること・よくすることを話し合い、確実なレベルアップにつなげるために、評価面談を誰でも同じ内容、レベルで行えるツールとして評価面談シートを標準で設定しています。

賃金制度のポイント

同一労働同一賃金への対応も合わせて検討することができる

2021年4月から中小企業にも適用されることとなった、同一労働同一賃金に対応するため、基本給表を時給でも表示するなど、法改正への対応も検討できるフォーマットを標準で設定しています。

新制度の妥当性判断をすることができる

賃金表や昇給ルール、賞与ルールを決めるだけでなく、作成した賃金表をもとに、在籍社員の基本給明細を変更したり、昇給・賞与ルールを用いた昇給・賞与シミュレーションをしたりすることで、新賃金表やルールの妥当性を検証します。

モデル賃金を作成し、将来の給与イメージを提示することができる

新しい賃金表をもとにモデル賃金を作成することで、例えば「40歳で課長になるとどのくらいの給与になるのか」を見える化することができます。これにより、社員に対してキャリアプランと合わせた賃金説明が行えるだけでなく、中途社員の給与設定を検討する資料として活用できるといったメリットが得られます。

制度設計の流れ

制度設計の流れ

STEP
等級制度設計(等級定義の編集 / 格付基準、昇格・降格要件の設定)

自社に最適な等級数を決定し、各等級に対して会社が求める役割や能力を定義します。標準的な定義テンプレートを用意しているので、編集作業により、自社に合った定義づくりが可能となります。また、制度の運用に必要となる入社時の格付けや昇格や降格を決定するルールも決定します。

STEP
評価制度設計(評価項目の選択 / 評価着眼点の編集 / 評価ルールの設定)

職種単位で等級ごとに職務評価(各職種に必要な専門職務遂行能力と成果指標)と行動評価(各等級に求める行動要件)を選択し、各評価項目に設定している標準的な着眼点テンプレートを編集することでオリジナルの評価シートを作成します。また、制度の運用に必要となる評価スケジュールや、評価ランクの決定基準、評価体制、評価面談の運用ルールなども決定します。

STEP
賃金制度設計(基本給表の作成 / 昇給賞与ルールの設定)

号俸表からなる基本給と役職手当、時間外みなし手当を対象とし、賃金表を作成します。判断の難しい各等級の初号金額や昇給ピッチ額の設定などは、サポートスタッフが地域相場や在籍社員の賃金水準からアドバイスをするため、客観的な賃金表作成が可能となります。また、賃金表の運用に必要となる昇給、賞与ルールも決定します。

STEP
制度検証(賃金シミュレーションの実施 / モデル賃金の検証)

新たな手当や基本給表にもとづき、
・既存従業員を対象とした基本給明細の切り替え
・昇給による人件費推移
・総額管理をベースとした賞与ルールへの切り替え
・新しい手当や基本給表によるモデル賃金の作成
といった各種シミュレーションを行い、新賃金表、昇給・賞与ルールの妥当性を判断します。

STEP
制度資料の完成(人事制度概要説明書の作成 / 各種資料類の完成)

等級制度・評価制度・賃金制度に関する決定事項をとりまとめて人事制度概要説明書を作成し、人事資料一式(概要説明書/評価シート関連/賃金資料)を完成させます。

完成する資料

完成する資料

5つのSTEPに沿って制度設計を進めていくと以下のような資料が完成します。各種資料はデータでの納品となるため、運用しながら修正を加えて内容をアップデートすることができます。

概要説明書

概要説明書

・等級定義書
・等級制度の運用基準/運用ルール
・評価制度の運用基準/運用ルール
・賃金制度の運用基準/運用ルール

評価シート関連

評価シート関連

・職種別階層別評価シート
・職務評価目標展開シート
・評価面談シート
・評価基準書

賃金資料

賃金資料

・基本給表
・昇給ルール表
・基本給切り替えシミュレート表
・昇給シミュレート表
・賞与シミュレート表
・モデル賃金表

サービス料金

サービス料金

標準価格77万円

標準価格77万円

(上記サービス料金は税込です)

サービス前提条件

等級設定は6等級以下となります。
評価シートを作成する職種設定は5職種以下となります。
賃金制度の各種シミュレーションの対象者数は50名以下となります

追加料金

評価シートを作成する職種について
1職種追加ごとに11万円(税込)の別途費用がかかります。

賃金シミュレーションの対象者数について
以下のとおり、別途費用がかかります。
51名~80名は11万円(税込)
81名〜100名は16.5万円(税込)
101名以上1名につき2.2千円(税込)

詳しいお見積りはお問い合わせください。

よくある質問

よくある質問

資格手当は標準価格で対応してもらえますか?

標準価格に含まれている手当の見なおしは役職手当と時間外みなし手当の二つとなっております。
資格手当や家族手当、住宅手当などの諸手当は標準価格に含まれておりませんので、別途お見積りのうえ、対応させていただきます。まずはお問い合わせください。

人事制度でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

人事制度でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

    お問い合わせサービス 介護業向け向け人事制度設計コンサルティングサービス
    お問い合わせ項目 必須 詳しい話しを聞きたい(連絡希望)資料を請求する
    会社名 必須
    ご担当者名 必須
    メールアドレス 必須
    電話番号 任意
    お問い合わせ内容 任意

    © JINJIPACK