他サービスとの違い

他サービスとの違い

違い①
中小企業に特化した人事サービス

一般的に展開されているサービスと人事パックの違いは、想定されている利用者の違いです。

一般的に展開されているサービスは、大企業を対象とした内容となっていることが多いため、ある程度社内に管理体制が整っているなど、評価制度を導入したけどうまくいっていないといった会社には最適かもしれません。

そのため、販売されている書籍やクラウドサービスが自社にあてはめて考えづらい、セミナーや勉強会に参加をしても実際にどうすれば人事制度が作れるのか今一つ分からない、といったことが生じます。

一方で、人事パックは社員30名以下の中小企業を対象とした「はじめての人事制度づくり」に最適なパッケージとなっており、中小企業に特化した人事サービスとなっています。

中小企業に特化した人事サービス

違い②
業界独自の評価項目を用意

一般的に展開されているサービスと人事パックの違いは、用意している評価項目の違いです。

一般的に展開されているサービスは、標準的な評価項目を加工・編集するか、目標管理により業界独自の評価項目を選択しなくても良い仕様となっていることが多く、利用する側に一定の知識やレベルが必要となります。

そのため、なんとか制度自体は作れても、運用段階で評価者が評価項目を理解できない、何をどのように評価したら良いのかわからない、といった問題が生じます。

一方で、人事パックは医療介護・建設・物流といった各業界に合わせて評価項目を用意した独自のパッケージとなっており、利用する会社の業種や職種に合わせた評価項目が設定可能となっています。

業界独自の評価項目を用意

違い③
仕事にフォーカスした評価設計

一般的に展開されているサービスと人事パックの違いは、設定している評価基準の違いです。

一般的に展開されているサービスは、目標管理制度を中心とした評価設定となっているものを多く見ますが、明確な目標設定がされていない、目標を設定しても数値把握をするシステムがない、といった中小企業ではそもそも導入することが難しい場合がほとんどではないでしょうか。

そのため、導入段階で目標設定ができない、なんとか目標設定をしても客観的に実績把握をすることができない、目標設定が難しい間接部門の評価ができない、といった問題が生じます。

一方で、人事パックは職種別評価軸と階層別の評価軸から評価制度を構成することで、目標管理の運用が難しい会社でも導入することができる人事サービスとなっています。

仕事にフォーカスした評価設計

違い④
全国の専門家ノウハウを凝縮

一般的に展開されているサービスと人事パックの違いは、サービスの開発体制の違いです。

一般的に展開されているサービスは、クラウドサービス運営会社やシステム会社、単独のコンサルティング会社が開発しているため、単独の業種業界に特化したものや業種業界に関係のない汎用的なサービスとなっているものがほとんどではないでしょうか。

そのため、企業側がサービスに制度を合わさなければならない、抱えている課題解決に直結しない、といったことが生じるのではないでしょうか。

一方で、人事パックは全国で活躍をしている人事・労務の専門家である社会保険労務士事務所とパートナー契約を結び、中小企業の実情に合わせた各分野の専門家ノウハウを凝縮したサービスとなっています。

全国の専門家ノウハウを凝縮

違い⑤
安心できるサポート体制

一般的に展開されているサービスと人事パックの違いは、サポート体制の違いです。

一般的に展開されているサービスは、クラウド利用となるため、利用者はナビにそって制度設計をしていくこととなるのではないでしょうか。

そのため、制度全般に対する理解や疑問点に対するアドバイス等、リアルタイムで相談したりナビゲーターとやりとりしながら制度設計を進める、といった要望を満たせないことがあるのではないでしょうか。

一方で、人事パックは人事制度設計を進めていく際に各ステップごとにインストラクターから制度設計のポイントや入力画面での操作と回答方法について説明しますので、安心で満足度の高いサービスとなっています。

選べるコンサルティングサービス

人事パックに関するご質問やご相談など
お気軽にお問い合わせください。